青空とのどかな風景

デメリットはどんなところ?

魅力的な格安航空券をたくさん提供してくれるなど、LCCにはメリットが多いようなイメージがあります。
みなさんの中にも、メリットを感じたことがある人が多いのではないかと思います。
しかしLCCにはデメリットもありますので、利用する際は注意する必要があります。

機内サービスについて

この機内サービスはメリットで挙げられることもありますが、実はデメリットにもなります。
LCCの機内サービスの充実性がメリットとして挙げられますが、その充実性は有料サービスの上に成り立っているのです。
格安航空会社は大手航空会社と比べ、航空運賃が安いのが大きなメリットです。
しかしその分料金が必要であり、それを考慮すると、どうしてもデメリットの域から抜け出すことはできません。
大手航空会社でも様々な機内サービスを提供していますが、それらすべてのサービスが無料で提供されています。
機内食、飲み物、毛布など、様々なサービスを無料で受けることができますが、注意点として、LCCではこういったサービスが全て有料となるところが多いです。
もちろんエアドゥなど、無料サービスを提供しているところもありますが、それでも別に有料サービスも用意しているのが現実です。
このように機内サービスが有料のところが多いので、LCCを利用する際は注意しておいてください。

預け荷物について

LCCを利用するデメリットとしては、預け荷物の件もあります。
格安航空会社では、この預け荷物が別途料金になるところが多いです。
多くの格安航空会社では預け荷物の分は基本料金に含まれていませんので、当日にスーツケースなどを預ける際は、別途追加料金を請求されることがあります。
そのため、この預け荷物分を追加購入することなく格安航空券を購入してしまうと、当日に預け荷物が出てきた時に、全体の航空料金が高くなる場合が出てきます。
このように全体的な旅費が高くなってしまうと、格安チケットとしての価値がなくなりますので気をつけたいところです。

遅延・欠航が多い

LCCのデメリットとしては、この欠航や遅延も忘れてはいけません。
格安航空会社の格安性は、機体の有効利用が大きく影響しています。
そのため、一度機体にトラブルなどの不具合が見つかると、後々の便にまでその影響が及んでしまいます。
その結果、遅延や欠航になる可能性が出てくるのです。

デメリットの認識も大切です

格安チケットを提供しているLCCには、魅力的なサービスがたくさんあります。
その一方でデメリットもありますので、利用する際は注意しておきたいものです。
上記で考えられるデメリットを紹介していますので、利用する際に参考にしてみてください。

△PAGE TOP

Copyright(C)2017 様々な種類の格安航空会社、LCCの共通した特徴とは All Rights Reserved.